占い師で行く新バトルルネッサンス 後半戦

投稿日:2017年3月15日 更新日:

占い師4で行くバトルルネッサンス後半戦です。

使用したデッキや装備はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

(参考:新バトルルネッサンス用・占い師のデッキと装備)

 

 

魔導鬼ベゼブー

 

必要耐性:幻惑(出来れば)   呪文攻撃:有り

攻撃力が高くかなりやっかいな敵です。

特に要注意なのは「フラタイフーン」です。大ダメージを食らいつつ、ふっとびの効果があるので一定時間動けなくなります。敵から離れれば避ける事が出来るので、なるべく距離を取りながら戦っていきたいところです。

他には呪文攻撃とブレス攻撃もあるので、世界のタロットやブレスガードがあると有利に戦えます。

この敵も呪いと幻惑がよく効くので死神を使っていきましょう。

 

 

魔元帥ゼルドラド

 

必要耐性:呪い  呪文攻撃:有り

この敵もかなりやっかいです。

1番の要注意スキルは覇道の閃撃です。敵の周囲に800前後のダメージを与えてくるため、食らったらほぼ死んでしまいます。これを同時に食らってしまうと、一気に壊滅してしまうので距離を取りながら遠くからタロットで攻撃しましょう。

 

魔幻の剣召ゼルドラドの剣を同時に5体呼び出します。

ゼルドラドの剣が使う爆嵐剣は1発の威力は200前後しかないものの、まとめて食らうと危険です。HPは1000しかないので死神等の範囲タロットで倒すか、アンルシアに消してもらいましょう。

呪文攻撃も非常に強力なため、世界のタロットは入れて行きたいです。

 

 

トーマ王子

 

 

必要耐性:無し  呪文攻撃:無し

全ての攻撃のダメージが高く、即死級になっています。すぐに蘇生出来るように審判はなるべく手札にある状態をキープしましょう。

中でも特にやっかいな攻撃は黒の斬撃です。

敵前方に大ダメージを与えてくるので技を使い始めたら、敵の横か後ろに逃げましょう。

幻惑や呪いの状態異常は良く入りますが、無我の心ですぐに解かれてしまうのであまり効果はないかもです。

 

 

 

大魔王マデサゴーラ

 

必要耐性:呪い  呪文攻撃:有り

要注意技は闇の衣です。敵の攻撃力が大幅に上がり、こちらの攻撃がほぼ通らなくなります。この状態になるとアンルシアが勇者の光の詠唱を始めるのでこの間は何としてもアンルシアを守っていきましょう。

闇の衣中は攻撃しても無駄なので回復や補助、手札の整理などを行います。

念じボールは対象のプレイヤーを中心に6発のランダム攻撃です。普段は固まってダメージを分散させれば生き残れる確率は高いですが、闇の衣中は危険です。狙われた人が遠くに離れれば他のプレイヤーは食らわないので、1人で食らうようにしましょう。

ただし、アンルシアが狙われた時だけは全員で固まって分散を狙った方がいいです。

とにかく重要なのは一刻も早くアンルシアに闇の衣を解除してもらう事なので、アンルシアを死なせないようにしましょう。

勇者の光が決まっている間はこちらの攻撃ダメージが4倍になります。

魅惑の水晶球やひっさつを使って一気に削っていきましょう。

 

 

 

創造神マデサゴーラ

 

必要耐性:マヒ、呪い、転び、毒(出来れば)    呪文攻撃:有り

この敵は全部で4つの形態があります。

全ての形態に共通して言えるのはとにかく呪文攻撃が痛い事です。

この戦いだけは世界のタロットを上限枚数の4枚まで入れてもいいかもしれません。

いてつくはどうも頻繁にしてくるため、世界だけでは足らない時はスペルガードも使っていきましょう。

 

 

最終ステージの混沌たる世界では敵と味方の会心率、痛恨率が大幅に上がります。

敵の呪文は必ず暴走するためかなり危険です。世界のタロットやスペルガードを切らさないように注意したいところです。

また盾を持っての会心ガードがかなり有効です。通常攻撃、呪文攻撃を大幅にカットしてくれるので、このステージは盾を持って戦った方が安定するでしょう。

 

 

 

 

占い師について

今回初めて占い師を本格的にやりましたが、デッキ構築や戦闘はかなり楽しかったです。

マスタースキルと特訓ポイントの追加で何とかうらないスキルも180まで振れるようになったので今後はメインの職のうちの1つとしてやっていこうと思います。

今度はレグナードとダークキング用のデッキを作って試してみたいです!

 

 

 

-タロット, バトルルネッサンス
-, ,

Copyright© ドラクエ10攻略ブログ スライム日記帳 , 2017 AllRights Reserved.