魔戦は復権出来るのか?考察してみました

投稿日:

先日のDQ10TVではVer3.5中期の様々な情報が伝えられました。その中でも特に気になったものを考察していきます。

今回は魔法戦士の強化についてです。

魔戦は現在のDQ10の職業の中でも武闘家に並んで不遇な職といえます。武闘家は先日の記事でもお伝えしたようにツメの強化で間違いなく復権出来そうです。では、魔戦はどうなんでしょうか?今回はVer3.5中期での変更点から考えていきたいと思います。

 

 

 

Ver3,5中期での魔戦の変更点

 

 

 

 

 

変更点① ひっさつ「マジックルーレット」の強化

効果範囲を拡大し、MPがリジェネ回復するように変更されます。その代わりにMP全回複の効果は無くなります。また、一定確率で与ダメージアップの効果がかかるようになります。この与ダメージアップはバイキとは別枠のウォークライの効果がかかります。

一気にMPが全快しなくなるのはマイナスですが、リジェネ回復の効果が凄いらしくすぐに全快する程だそうです。これならMP関係に関しても大幅な強化といえそうですね。

 

目玉となりそうな与ダメージアップの効果が確率付与というのが少し残念なところです。放送中では与ダメージアップの倍率もランダムと言っていました。理由はルーレットなのでそこは回してみてのお楽しみ、ということらしいです。しかし、この当たる確率とアップ率次第では道具使いのひっさつ並みの強さになるかもしれませんね。

 

 

変更点② MPパサーの範囲化&強化

MPパサーが強化され、MP10消費で対象を中心とした範囲のプレイヤーがMP100回復するようになります。今まではMP10消費で1人だけMP38回復という微妙さだったのでこれも大幅強化といえるでしょう。

そもそも魔戦の強みはMP回復関係だったはずなのに、現状は道具使いの範囲化賢者の聖水に大きく負けています。しかし今回の変更でMP回復に関しては最強になったと言えそうです。ただしコロシアムでは変更なしです。

 

 

変更点③ クロックチャージ強化

魔戦の180スキル「クロックチャージ」の効果は自分と周囲の味方プレイヤーのチャージタイムを10秒短縮します。この効果はタロットの皇帝や装備の短縮効果とは重複しません。

 

今回の強化は効果範囲の拡大、初回CTの短縮、ピオリム2段階追加となります。

チャージタイム10秒短縮という効果は強力でそれを範囲でまとめてかけれるのは確かに便利です。更にピオリムまでかかるようになりますからね。

 

しかし、同じチャージタイム短縮の効果を付けれる占い師のタロット「皇帝」と比べた場合どうでしょうか?

まずタロットの場合はCTがないため手札に来ればすぐに使用出来、開戦直後からチャージタイム短縮の効果をかける事が出来る場合もあります。またタロットの場合はオーラ状態になるとチャージタイム短縮時間が15秒になります。本当にチャージタイム短縮が必要な人により大きな効果をかけれるのは相当なメリットです。

範囲化+ピオリム2段階と比べてどちらが便利かは人によって意見が分かれそうですが、僕はCT短縮に関していえば占い師の方が便利なのではないかと思います。

 

 

変更点④ フォースブレイクの強化

魔戦の象徴ともいえるフォースブレイクが強化されます。

強化点は以下の通りです。

チャージタイムが90秒→60秒

フォースブレイク自体の威力アップ

全属性耐性ダウンの効果は成功率、倍率共に今まで通りだが、それとは別に倍率が下がった効果が必ずかかるようになる。

まずチャージタイムが減る事により数多く使用出来るため、その分火力は上がります。30秒短縮は中々強烈だと思います。60秒に1回使えるようになり、クロックチャージのCT短縮と合わせれば50秒に1回フォースブレイクを撃てるわけですからね。フォースブレイクの効果時間が30秒なので、50秒中30秒がフォースブレイク状態と考えると中々強烈なのではないでしょうか。

 

フォースブレイク自体の威力アップはどこまで上がるかは明言していませんでした。恐らく守備力が高い敵に撃った場合にもダメージが出やすくなる程度の強化だとは思います。ダメージを与えられずにミスになるとフォースブレイクの効果自体が発動しないですからね。

もしこの威力強化が盗賊のお宝ハンター並みの強化なら、単純に火力としても期待出来そうですが、どうなるんでしょうね。実装が楽しみです。

 

そして倍率が下がるとはいえ、全属性耐性低下の効果が必ずかかるのは嬉しいです。今まで通りの倍率でかかる事もあるため、完全な上方修正です。TV内でも言われていましたが、長いチャージタイムがようやく溜まり、ここぞとばかりに撃って外した時は何とも言えない空気になりますからねw

気になる点はこの必ずかかる方の倍率がどれ位になるか、です。今までは成功すれば属性攻撃の威力が+100%になりました。ダメージでいえばほぼ2倍になります。これの倍率もまだ名言されていないため、実装を待って検証するしかなさそうです。これの倍率次第で魔戦の評価が大きく変わりそうな気がします。

 

 

感想

今回の魔戦の変更点を見て来ましたが、そのほとんどが火力アップに関する強化でした。数ある補助職の中でも火力アップの補助に関していえばトップになったといえそうです

ただ、他の補助職と比べてマイナス点は状態異常の解除が出来ないという事です。道具使いのプラズマリムーバー、占い師の女教皇、旅芸人のエンドオブシーンの様な特技があれば良かったのですが・・。魔戦は弓を装備出来るため、弓聖の守り星であらかじめ防ぐしか今のところ対策はなさそうですね。

 

今後の魔戦のポジションは今のレンジャーに近くなりそうです。弓聖の守り星である程度の状態異常を防ぎ、バイキやMPパサー等で様々な補助をしつつも、新フォースブレイクやひっさつで火力アップの補助も出来るという中々面白そうな職になりそうです。

他の補助職の席を一気に奪えるほどの強化ではないですが、今後役割や目的に合わせて色々な職業の選択肢が増えそうな気がしました。

実際に実装されてみないとまだ分からないところもあるので、Ver3.5中期での実装が今から楽しみです。

 

 

 


ドラゴンクエストX ブログランキングへ
 

-公式情報, 日記
-,

Copyright© ドラクエ10攻略ブログ スライム日記帳 , 2017 AllRights Reserved.