補助職はどれが最強なのかを考察してみました

投稿日:2017年4月27日 更新日:

Ver3,5中期のアプデで魔戦は大幅な強化がされました。

今までの補助職といえば道具使いか占い師が選ばれることが多かったですが、今回の魔戦の強化でどの職が1番になったのか考察していきたいと思います。

 

 

 

 

 

各性能の比較

魔戦と今までの補助職をいくつかの項目に分けて比較してみました。

 

状態異常解除

道具使い◎ 占い師○ 魔法戦士×

状態異常解除に関してはプラズマリムーバーを持っている道具使いが1番です。

占い師は女皇帝で1人ずつ解除は出来ますが欲しい時に必ず手札にあるとは限りません。

魔法戦士は状態異常解除は出来ないため、その点に関しては他2職に劣るといえます。

 

3職とも弓を持てるため、弓聖の守り星である程度の事前対策は出来ます。

 

 

チャージタイム短縮

道具使い× 占い師◎ 魔法戦士◎

チャージタイム短縮は真やいばの回転率、強力なCT攻撃技の短縮等、攻守において重要です。

魔法戦士はクロックチャージで全員のCTを同時に短縮することが出来ます。今回の強化でCTの短縮もきたため、使い勝手はかなりいいです。ピオリム2段階もありがたいですね。

 

占い師は皇帝で1人ずつ、効果をかけることが出来ます。こちらのメリットはオーラ状態で使えば15秒短縮出来るという事です。

本当に必要な職に、より高い効果をかけれるため、CT短縮に関しては魔戦と同じくらい強力といえそうです。

道具使いにはCT短縮特技はないため、この点においては完全に他職に負けることになりますね。

 

MP管理

道具使い○ 占い師△ 魔法戦士◎

MP管理に関してはこの3職は優秀といえます。

その中でも特に優秀なのが魔法戦士で、MPパサー、マジックルーレットのおかげでアイテムを消費することなく、どんな戦闘でも最後までMPを持たせることが出来ます。

道具使いはアイテムこそ使うものの、範囲化、倍加で賢者の聖水を使えば、十分補えます。

占い師は節制のタロットで回復することになりますが、効果は若干弱めで長期戦では不安が残ります。

 

 

火力補助

道具使い○ 占い師○ 魔法戦士◎

火力補助に関していえば今回のアプデで魔戦が1番になったといってもいいでしょう。

フォースブレイクの効果とCT短縮が強力で、50秒中30秒はフォースブレイク状態というのはやばいです。

ただし弱点もあります。常闇シリーズのように全属性耐性を持っている敵の場合はフォースをかける事により、通常時のダメージは落ちてしまいます。

しかし、その点を考慮しても十分強いでしょう。

マジックルーレットのたまに与えるダメージアップ効果も中々です。

 

道具使いはひっさつの強化ガジェット零式が強く、ひっさつのヒキ次第では魔戦に近い位の火力補助は出来ます。宝珠でひっさつの閃きは必ず入れたいです。

 

占い師の火力補助は災禍の陣と愚者のタロットがあります。

占い師は攻撃タロットで自ら攻撃することも出来るので、トータルの火力では負けていないと思います。災禍の陣中に戦車のタロットが撃てれば、条件次第で4000以上のダメージを連発することも出来ます。

 

 

 

まとめ

火力補助としては間違いなく最強になったのは魔法戦士です。しかし現状のエンドコンテンツに関していえば、属性耐性や状態異常解除の面においてやや劣るといえます。

結局のところ、行く場所により使い分ける事が重要になります。

 

このように今回のアプデで補助職の選択肢が1つ増えたのは嬉しいですね。色々試せることが増えました。

あと、個人的にはそろそろ旅芸人も強化して欲しいです。便利屋で、色々なところで使ってはいるのですが、出来ればエンドコンテンツでも使ってみたいです。

 

 

 


 


ドラゴンクエストX ブログランキングへ;

-日記
-, ,

Copyright© ドラクエ10攻略ブログ スライム日記帳 , 2017 AllRights Reserved.